神様ありがとうございます。

10月は濃いだった。

神無月は神様がいない月と言われているけど、あちこちにいたのだ。

(わたしは文章苦手で、多少おかしい部分がありますが、ご理解をお願いします。)

 

森田ワークショップ

「聞こえなくてもできるんだ」というより、「自然に表現、自然に声出す」は大切だと改めて思いました。

確かに、社会に出るといろんな聴者と出会う。このとき、声を出さないで筆談や身振りを利用した。

下手でもいいから自然に声を出すとみんなの反応が変わってくる。

わたしが、声で話したら、相手からも話してくる。このときは読み取れない。相手は聞こえないことを知っていても、「話せるイコール聞こえる」と勘違いする人が何人かいている。

ショッパーズのみなさんはわたしのことを知っているので、ゆっくり話してくれたり、身振りや表情や通訳を使って話せるようになる。そうすれば自然に声出せるようになる。これはありがたいです。

次の日会社に行きまして、「おはようございます」と言えるようになってきたと分かる。
みなさんを信用しているから声を出せるようになれたと思う。 

 

 

疲労感

森田ワークショップの公演が終わったあと、半端ない疲労感がやってきて家に帰ってすぐ寝落ちた。

めっちゃ集中をしていた。出番が少ないのにな。

「何話しているのか分からへん」というのではなく、演技や指導や行動や気配などをじっくりと観ていた。

ろう者の特徴と言われているけど、わたしは違う。単に人間観察するのが趣味なのだ。

何話しているのか分からへんけど、分かる。

表情を観て、今の気持ちはこれだなと聴こえてくる。

表情や身振りや手振りのコエが聴こえる。

聴こえるようになった。

心のなかに、嬉しい気持ちとなって、ホッとして安心感を持っていたので、ドーンと疲労感がやってきたのだ。

これまでにない経験だったので、良い経験させていただいたことは嬉しかった。

 

 

いい流れ

森田ワークショップが終わって、この日の夜にある方からあることの依頼がきたのだ。

そう。新しい仕事を頂きました。(現時点、相談中)

よい方向に導く。。。

自信をもって、活躍してきてよかった。

いいつながりをつながれたみなさん、ありがとうございます。

澤田さん。ありがとうございます。

おかげさまでこの状況になりました。

 

 

しゅわ教室

10月はお休みでした。

落ち着いてきたので、様々なアイデアを浮かんできた。

11月13日と20日2日間、しゅわ教室を開きます。

時間は13時30分から14時30分まで。
(時間変更する場合があります。)

久しぶりに開きますので、是非お越しくださるようお願いします。

詳しいことは後日にお知らせします。

 

 

神様はいない。いる。これはどうでもいい。

温もり、笑顔、怒り、戸惑うなどの感情が聴こえてくる。

わたしからみんなをみて、ありがとうと叫びたい。

みんなは神様だ。

 

 

(森田WS公演 みんなの様子や会話を観ている姿)

 

 

ホームページ用バナー

この記事を書いた人

signart
signart
むらたです。
「個性のある表現を磨いて豊かにする」がモットーです。
手話とろう者についての有益のある情報を提供しており、手話指導や手話などのカウンセリングとサポートをしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です