思いつき。

今日、黙々と仕事しているとき、

睡魔がやってきて、うたた寝。。。

これはあかん。。。睡魔と戦いながら

うとうと。。。

このとき、頭のなかに何かを浮かんできた。

 

これは、伝言ゲーム。

読み取りによる伝言ゲーム。

浮かんだ内容はこんな感じ

↓↓↓

 

ということで、次回のしゅわ教室に

伝言ゲーム(バージョンアップ)をやりますっ!

 

読み取り

例)
① 1番手は文章を読んで手話・身振りで表現し、2番手に伝える。
「明日は快晴です。」
② 2番手は①を読み取り、文章をメモする。この文章を3番手に提示する。
③ 3番手は②が書いた文章を読んで、手話・身振りで表現し、4番手に伝える。
④ 4番手は答える。

 

他に、ロールプレイング(役割演技)。

例えば、場所は喫茶店、店長、ウェイター(接客担当)、ろう者客、聴者客。

それぞれの配役などの設定をして、ロールプレイングをやります。

この内容は昨年の10月に考えた内容です。アウトプットできずにいた。。。

 

ロールプレイングをやると、ろう者との対応仕方が分かるようになり、身につくことができます。

(多分、喜劇になりそう。)

 

わくわくしてきたぞぉー☆

 

はやく28日になってくれぇ。

 

乞うご期待!!

 

 

ホームページ用バナー

この記事を書いた人

signart
signart
むらたです。
「個性のある表現を磨いて豊かにする」がモットーです。
手話とろう者についての有益のある情報を提供しており、手話指導や手話などのカウンセリングとサポートをしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です