第19回まんまる手話教室が終わりました。

最近、起きにくい。。。
あと5分。。。いかん。起きないと。。。うとうと。。。

 

どうもosuです。

13日まんまるしゅわ教室は濃い日でした。

 

その日は新人2名がお越しいただきました。

その中の一人は森田ワークショップの人。

あと一人は、ソーシャルワーカーの人。

ありがとうございました。

 

先週から手話のキホンから教え始めました。

この「キホン」というのは、身体表現や表情です。

 

「手話」から始まると覚えるコツを見つからず、なかなか覚えれない。

こういうことになるんなら、一度手話忘れてもいいか。と思いました。

身振り、手振り、表情を使って表現を練習しているうちに、手話につながってこうやって表現すればいいんだ。このカタチを覚えればいいんだ。

というような自然に覚えれるようになれます。

 

声出し禁止、通訳禁止、遅刻禁止などのルールをつくっていない。

わたしでも「無意識」で声出しているので。

リアルなジユウに思うようにすればいいです。

もしわたしが生徒だとしたら、お菓子を食べながら受けると思う。

みっともないかもしれないが、これぐらいにジユウしないと集中が途切れてしまう。

 

こういったことを考えながら、教えました。

 

 

身体表現は単に身振り、手振り、表情ですが、

意外と難しいのです。

頭では分かっていても表現できず行き詰まってしまう。

これは誰だって一緒です。

わたしもたまに行き詰まるのです。

こう表現したら良いのか、あっ分かりにくいか。別の表現をしてみよう。

試行錯誤しておかないと、カタチを作れないのです。

 

納得できるまで表現していくと、伝えれるので、みなさんと一緒に考えていこう。

 

20回目のまんまるしゅわ教室の日程は来週中に調整して、決まり次第にまた報告いたします。

乞うご期待☆

 

 

ホームページ用バナー

この記事を書いた人

signart
signart
むらたです。
「個性のある表現を磨いて豊かにする」がモットーです。
手話とろう者についての有益のある情報を提供しており、手話指導や手話などのカウンセリングとサポートをしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です