寒いの中、素手で手話べる人はタフなのか?

あー寒いですね。

私の家はコタツなし!

なんとか生活できています。

どうもむらたです。

当サイト、カテゴリー整理をしまして、3日間かけてようやくスッキリしました。

メニューも整理しました。

学ぶーしゅわ教室ー甲子園ー日程

                                            Lまんまるしゅわ教室

        Lオンライン学習ー個人レッスン

                                     Lカフェトーク

こんな感じで整理しました。

ホームのところにも変更しました。

これまでのサイトは読みにくい。リンクを押したら変なところへ飛んでいく。

興味のあるジャンルをクリックしてくれるようにはどうしたら良いのかを考えました。

結局、ポータルサイト風にして、「あいさつ」・「活動内容」・「リンク」などをギュッと載せました。

これなら難もなく読めると思います。

あっ。脱線しました。

ろう者は、寒いの中にでも素手で手話べります。

手袋をつけたままで話すと分かりにくい表現となってしまうので、外して手話べるのです。

マスクも同様です。

むらたは外して!と言わない。

寒ければ付けたままで良いですし、マスクもつけたままで良い。

分かるように話してくれたらこれで良い。

どうしても分からない場合は、どっかの店か建物の中に入ったあと、もう一度聞きます。

話すことが好きな方は手袋なしで手話べります。

さて、寒いの中に手袋無しで手話べるろう者はタフなのか?

答えはNOです。

聴者と同様に、冷え性もいる。免疫力が弱い人もいる。

手先に冷えていて寒いから手袋をつける。

「平気」だからといって、外すわけでもないです。

真面目な方や伝えたい方は最初から素手でいます。

しかし、細い手袋は例外です。

警備員やトラック運転手などの方がつける白い手袋は細い。

あれは軍手というのかな。

細い手袋ならしっかりと表現することができます。

昔々、手話通訳者があの手袋を使って通訳していました。

はっきりと見えるように使用したと思われます。

でもね。。。細い手袋は薄いので寒いですね。。。

どっかの店か建物に移動してから、外して手話べるしかありせん。

寒いの中に、どう会話したらいいのか。

東北や北海道に暮らしてるろう者に聞いてみたいですね。

あっ。むらたの友達は東北に暮らしてるので、質問してみます☆

寒いと思ったら、素直に手袋をつけましょう。

格好つけないでね。無理は禁物。

それじゃぁーバイバイ

【むらたのつぶやき】

にんにくの匂いが。。。

この記事を書いた人

signart
signart
むらたです。
「個性のある表現を磨いて豊かにする」がモットーです。
手話とろう者についての有益のある情報を提供しており、手話指導や手話などのカウンセリングとサポートをしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です