方法は、みんなちがってみんな良い♪

まんまるみかんに伺ったのは、その日が二回目。
マネージャーのななももさんと、
介護福祉関係のお仕事されてるきみきみさん、
お二人はそれぞれ違う方法を、自然と選んだ。

[ad#ad-1]
ななももさんは、osuと会う日のために、手話を勉強してきてくれていて、覚えた手話を使って、みごとにコミュニケーションとっていた。
12月にお会いしたときには、手は動いていなかったのに、
先日のななももさんの手は、生き生きと動いて話していた。
 
そして、きみきみさんは、白い紙を数枚持って、osuの隣に座り、
さらさらと筆談をはじめた。
 
とーっても速く、かつ綺麗な字で、、スラスラ〜さらさら〜。。
あっという間に白い紙が、きみきみさんの言葉で埋まっていく。
 
文章も分かりやすく、明確だったので、osuはフムフムーと頷く。
 
お二人のダイレクトなコミュニケーションパワーに、
osuの顔は喜び溢れた。
 
 
 
 
ひとによって、選ぶ方法ってほんと、色々です。
 
「あ、言葉が聞こえないんだ」
…なら、どうする??
 
手話?
筆談?
身ぶり?
絵を書く??
踊る???
 
方法として何を選択するか、って、その人らしさと思う。
 
先日、お芝居のワークショップで会った小6の女の子は、ライブ帰りで興奮していて、ライブの様子を踊りながら、シチュエーションコントみたいに、見事に再現・表現していた。(彼女は無意識だったと思うけど、ほんとに素晴らしい表現だった)
その子は、ダンス大好きっ子だから、表現(伝えたいこと)と身体を動かす事が直結しているんだろうな。
 
 
それに、なんとかして、伝えよう・受け取ろうとする人間の姿って、、、
何て言えば良いのかな、あったかい、やわらかい、うつくしい。
 
自分も相手も嬉しくなるし、観ている方もほっこりする。
 
まんまるみかん、という場は、こういう場所です。
 
お庭に、たくさんのみかんが実っています。
 
みかん、いよかん、きんかん、ゆず、、。
 
その名前がそのままお部屋の名前になっています。
 
ちいさなみかん。おおきなみかん。
硬いみかん。やわらかいみかん。
甘いみかん。酸っぱいみかん。
 
いろんなみかんが、居て良いんだよ。
 
まんまるみかん、場所そのものが、
そう言ってくれているようでした(o^^o)

西宮市甲子園|貸し教室・レンタルスペース・個人教室
「まんまるみかん」

tomo

コメントを残す