手話は1つだけ?手話を覚えれば世界どこでも通じる?

手話は知ってるけど、英語と同じように覚えるのに苦労する。
簡単そうで覚えられない、どうやったら覚えられるの?
手話は世界共通?さっぱり分からない。。。

[ad#ad-1]
いくつかあてはまったあなたへ
 
手話は簡単に覚えることができます。
ですが、覚える早さには個人差があります。
英語と同じ覚え方と思うなら思っても良い。違うなら思わなくてもいい。
 
大切なのは「好奇心」と「興味」です。

 
まず、手話は世界共通ではありません
 
日本の手話、アメリカの手話、フランスの手話、ドイツの手話、オーストラリアの手話、イギリスの手話、、、、国によっての手話がちがいます


 
そして、日本で使われる手話には3種類あります。
 
① 日本語対応手話
② 中間型手話
③ 日本手話
 
例文
『 私はお菓子が好きです。 』
 
日本語対応手話の場合、助詞は指文字を使う。
音声を含めて文章の順番通りに表現しながら話します。
 
手話+口話『 私/〈は〉/お菓子/〈が〉/好き/です 』
(〈〉←このカッコは指文字を使います)
 
中間型手話の場合、①と③が混ざります。
文章の順番が変わる場合もあります。
助詞は指文字を使わないで、音声を使って表現します。
 
手話+音声『 私/お菓子が/好き 』
 
 
日本手話の場合、助詞と音声は使わず、
「うなずき」と「表情」を使って表現します。
 
手話 『 私/お菓子/好き 』
 
 
最初の一歩として、聴こえない人とのコミュニケーション方法を知るところから始めよう☆


ちゃれぇぇんじっ



 
osu

この記事を書いた人

signart
signart
むらたです。
「個性のある表現を磨いて豊かにする」がモットーです。
手話とろう者についての有益のある情報を提供しており、手話指導や手話などのカウンセリングとサポートをしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です