イタリア国はジェスチャーをよう使われているようです。

ある日、tomoの従姉妹と従姉妹の彼氏と会いました。
その彼氏はイタリア人で日本語や日本文化を知り尽くしています。
日本語ペラペラで上手でした。。。

[ad#ad-2]
少しだけ話して、ジェスチャーを教えてもらいました。
わたしは「まあまあ」のジェスチャーしか知らない。
他に何かあるのか?興味津々にジーっと見つめていました。

気にしない
人がいっぱい
もう帰ろう(逃げよう)
何?
おいしい

それらをジェスチャー表現しているのをみて
初めはなにそれ???と思いましたが、
実際に自分も表現してみたら、簡単でした。
日本はそこまでにないな。。。

帰って改めて調べたけど、たくさんのジェスチャーがありました。
すべて覚えたら、会話に成り立つのだろう。(たぶん、むりとおもう

会う機会があったら、ジェスチャーで会話してみよっ
それまでの間に練習して覚えるようにしておきます。

もちろん、ジェスチャーのためじゃない。
彼と話したいから覚えたいんだ。

ちなみに、「ブオーノ(ボーノ)」指を頬にあてクリクリ回す仕草は子どもがやるジェスチャーです。
イタリアジェスチャー
osu

 

コメントを残す